Diary 2008. 8
メニューに戻る
8月29日 (金)  全日本選手権地区予選

今日は、息子の初試合!

どうしても観たくて仕事をお休みさせて頂き、観戦にやってきました。

ところが、昨夜からのゲリラ豪雨。

7年前の東海豪雨に匹敵する程の降水量だったそうです。

朝、6時台の名鉄に乗ろうと出かけましたが、
近所の道路には床下浸水の爪後が...やばい??

案の定名鉄電車は止まっていました。

一旦自宅へ戻り車で出掛け、名古屋高速に入ったもののいきなり大渋滞。

下の道路が冠水している為、みんな上の高速に車が流れたからです。

結局、時間に辿り着けそうもなかったので途中で高速を降りて、車を乗り捨てて地下鉄、タクシーを利用し焦って目的地に。

何とか開会式までに新人選手を送り届ける事ができて、ホッ...

種目はというと、ちょっとマイナーな卓球。(笑)

個人対抗でグループの中を勝ち抜くと県大会に出場する事ができます。

結果はなんと県大会進出!

棚から牡丹餅気分でした。

夕食は私のお誕生日と大智のお祝いを兼ねて、マ・メゾン本店でDinnerを頂きました!

浮き浮きな夜でした。

20080829-1.jpg 20080829-2.jpg



8月28日 (木)  今日はお誕生日!

嬉しい事に、稽古中にサプライズが用意されていました!

劇団のみんなが私のBirthdayをお祝いしてくれたんです!

ダンス稽古のピアノ伴奏を弾き終わったら、突然スタジオが真っ暗に。

みんながお誕生日の歌を歌いだしてくれました!

そしてロウソクに火が付いたケーキが登場。

久々に「ふー!」っとロウソクの火を吹き消しました。

(年齢分立ってなくて良かったぁ)苦笑

その後はホールケーキをみんなで完食しました。

キャスト、関係者の皆さん、心に残るお誕生日になりました。

ありがとうございました!

20080828-1.jpg



8月21日 (木)  デート

今日は稽古終了後に名古屋駅で大智と待ち合わせ!

天ぷらを食べに行きました。

最近、まともな料理を作ってない気がして...

ほんの罪滅ぼしです。

美味しかったねぇ〜

20080821-1.jpg 20080821-2.jpg



8月20日 (水)  異文化の壁

今日も一日稽古場にいました。

今回の「コルチャック先生」の稽古を通して感じる事は、異文化や違う人種を理解する事は非常に難しく、その様な事に出くわした時のショックは心に痛烈に残るし、その後に思う事は「私はやはり日本人なのだ」と言う事です。

「血が違う」事を再認識させられる。

それは一方が他方を「良い」、「悪い」と評価できるものではない。

ただ「違う」のだと思う。

イタリアに住んでいた時、数々のカルチャーショックを受けた。
その違いゆえのトラブルも沢山あった。
そんな時、イタリア人は「これがイタリア人なのだ」とアピールしてくるし、私はまるで日本人代表の様な感覚をも持ちながら「これが日本人なのよ」と訴える。

それでいいと思う。

何故ならイタリアという土地や人間に出会わなかったらその違いも解らなかったし、違いをそのまま受け入れることもしなかったと思うから...

先日、岐阜の女子大生がフィレンツェのドゥオーモ屋上に落書きをしそれを日本人が発見、大学に抗議した為、大ニュースになった事件がありました。
イタリア人からしてみたら日本人側の丁重過ぎるお詫び行脚は、逆に「何故そこまで?」と驚いたことだろう。
現に向こうのメディアにもその様なニュアンスで報じられていたと思う。
何故なら世界遺産に落書き?はもちろんいけない事だけど、そのドゥオーモの屋上には山のように落書きがあるし、それをイタリア人もさほど気にせず見ているし。
街の中のあらゆる建物、たとえば建物の外壁、ベンチ、エレベーターの中、地下鉄のホーム、通路の壁、車両の中も外も。
初めて見た時は、こんな美しい歴史的建物になんと勿体無い、と感じた。
でもそのうち見慣れてしまうとさほど気にならなくなるのです。
日本に戻った時、地下鉄がなんて綺麗なんだろうと改めて感じた程です(笑)

だからあの事件も、日本からの旅行客が日本人的感覚であの落書きをとんでもない事だ、と判断し怒りの通報をした。
しかし大騒ぎしたのは日本人だけだった、という事だろう。
でも結果的に、その後の真摯な対応によってイタリア人の日本人に対する評価は上がった様なので、私もニュースを見て単純に嬉しかった。

今回の舞台、日本人がこの歴史的事実をしっかり理解し、正面から挑み、日本人らしく繊細で緻密なドラマを作ることができたなら、きっと観て下さった方々の賞賛に値する作品に仕上がると思う。

だからこそ 納得できる「いい舞台」を作らなければいけない...

これが日本人です、という誇りを持って。


8月16日 (土)  夏の陣!

さぁ、今日から「コルチャック先生」の帯稽古突入です!

もうこの作品に関わるのは3回目です。

今年はどんな舞台になるのか期待と不安が交差しています。

ナチスドイツのユダヤ人大量虐殺。

この歴史的事実を今の人達にどう伝えるべきか...

この重いテーマに真剣に向き合い、
気を引き締めて臨みたいと思っています。

皆さん、是非劇場に足をお運び頂き、この作品を観て頂けたら、と思っています。


8月15日 (金)  昨日の釣果!

夕方から夜のかけてアジが入れ食いでした!

平アジ、真アジ、青アジ!

獲ったどーーー!!

20080815-1.jpg 20080815-2.jpg



8月14日 (木)  今日は快晴! 大潮! 釣り日和!

気持ちいい朝です!

北島選手 平泳ぎ200 金メダル!!

おめでとーーー!!!

最高にかっこいいです!

さぁ、釣り行ってこっと。

20080814-1.jpg 20080814-2.jpg 20080814-3.jpg



8月13日 (水)  鳥羽の朝

少し曇り

旅の疲れもあり、ゆっくりとした朝です。

今日のお昼は「お刺身定食」を食べるぞー!

そして息子の卓球初試合に向けて一緒に練習だー。

ん〜いい勝負かも...

20080813-1.jpg 20080813-2.jpg



8月12日 (火)  大智特集

今日は移動日

昨日買った富士山のジャージー牛を持参して近鉄特急へ

大智も部活や合唱団の本番、合宿などで息つく暇もなかった夏休み。

やっとゆっくりできるね。

20080812-1.jpg 20080812-2.jpg 20080812-3.jpg



8月11日 (月)  忍野八海のお釜池

大学生の合宿でこの「忍野八海」を訪れて感動した「お釜池」
その後見に行った時、心無い観光客によって鉄の棒が投げ入れられていました。

今はどうなっているんだろう...と思い、見に来ました。

朝、ペンションを出て忍野村へ。

あの時は林の中にひっそりとあった池でしたが、今はすぐ横に家などが建ってしまい、随分様子が変わってしまっていました。

この直径1メートルもないくらいの池、でも深さは7メートルもあるんです。

太陽の光が降り注ぐ中、岩魚、山女などの魚が泳いでいます。

富士山には川がないので、雨水がそのまま地中に染み込み、何十年もの歳月をかけて湧き水となって麓の大地に湧き出てきます。

大地がろ過してくれた水はこんなに綺麗なんだという事を教えてくれます。

あの「風の谷のナウシカ」の中でナウシカが「汚しているのは人間なんだ」と言っていた台詞を思い出してしまいます。

その綺麗な湧き水で育った岩魚や山女は本当に美味しかった〜!!

今日は一旦名古屋に戻り、明日鳥羽に行ってきます!

20080811-1.jpg 20080811-2.jpg 20080811-3.jpg



| 1 | 2 |
2008/8
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月